· 

96-美人肌再構築

 

夏の皮膚は、紫外線、冷房、汗、疲れなどで思いの外、かなりのダメージを受けています。

 

よく秋になると急に乾燥が強くなって、お化粧のりが悪くなったとか、目の周りが痒くて赤く腫れてきたとかでクリニックに駆け込む方が多いのですが、実は秋口に起こるこの乾燥や痒みは、涼しくなって急に起こるのではなく、夏の暑い時期から始まっているのです。

 

夏は汗をたくさんかいてベタついているため、潤っているような気がするかもしれませんが、実は皮膚の角質層の水分は、不足になっていることが多いのです。

 

汗をかくと、汗の水分は蒸発します。その時に、皮膚の1番外側で皮膚を守っている皮脂も奪われていきます。汗が蒸発した後には、汗の成分である塩分が残り、この塩分が皮膚を刺激します。

 

さらに汗をふく時にゴシゴシこすると、皮脂膜は剥がれてしまい、やはり乾燥を引き起こします。

 

また紫外線でダメージを受けた皮膚は、ターンオーバーが乱れ、角質層の水分は減ります。陽射しを浴びて温まった皮膚は、汗をかき、結果として皮膚の乾燥を招く事になります。

 

そして冷房。部屋の外と中との温度差や、冷房中の湿度の低下によっても皮膚は乾燥します。

 

夏の皮膚は、ダメージを受けやすいのです。冬同様、保湿ケアはしっかりしてくださいね。まだまだ間に合いますよ。今夜からしっかりケアをして、夏の疲れた皮膚を早くよみがえらせましょう。

 

皮膚は手当てを始めた時からちゃんと応えてくれますから、頑張りましょうね。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子