· 

100-美人髪の秘訣

 

秋になって急に髪の毛が抜けやすくなったと感じている方はいませんか。夏の陽射しで傷んだ頭皮は、少しバリアが落ちています。頭皮の痒みと共にふけが増えたり、頭皮が赤くなる事もあります。

 

最近は季節に限らず薄毛に悩む女性が多いのですが、実は女性の10人に1人が薄毛に悩んでいるという報告があるくらいなのです。

 

女性の薄毛のタイプとしては、髪の毛全体のボリュームがなくなり、髪の分け目や頭頂部の皮膚が透けて見えるようになったりします。女性の場合は遺伝的な要因よりも、生活習慣(ヘアケアが合っていない、パーマ、ヘアダイのし過ぎ、ダイエットなど食事の内容、睡眠、スとレス)が原因になっている事が多くあります。また、産後の脱毛のように女性ホルモンの変化も影響します。

 

最近薄毛が気になりだしたという方は、髪と頭皮の健康の為に生活習慣の見直しをしてみませんか。

 

頭皮を大事にシャンプーしましょう。頭皮の清潔は大事ですが、洗いすぎは頭皮を乾燥させ、抜け毛の原因になります。頭皮は顔の皮膚の延長ですから、顔と同様に大事に洗いましょう。

 

まずは予洗いします。シャンプー剤を使わず地肌を洗います。これで7割りの汚れは落ちると言われています。シャンプー剤は少なめに、またはあらかじめシャンプーを薄めておき、頭全体に均等につけて洗います。地肌を下から上にマッサージしながら洗い流します。なるべく洗浄力のあまり強くないマイルドなシャンプーを使いましょう。コンディショナーやリンスは地肌ではなく髪につけ、よく洗い流しましょう。

 

ドライヤーは、タオルドライでよく乾かした後で当てます。ある程度乾いたら冷風に切り換えます。頭皮が冷えないように、必ず乾かしてから寝るようにしてください。

 

目が疲れていたり、頭が疲れていたり、ストレスを溜めていると、頭皮は緊張して硬くなっていることが多いです。頭皮が凝って硬くなると毛根に栄養が行き渡らなり、毛が細くなったり、一つの毛穴から1~2本の毛しか生えなくなり、抜け毛の原因になります。

 

そして1番大事なのは栄養を摂ることです。髪はケラチンという蛋白質からできています。肉、魚、豆類などの蛋白質をしっかり摂りましょう。髪の成長を促すビタミンB群、血行を良くするビタミンE、鉄分や亜鉛も美人髪の大事な栄養源です。バランスのよい食事を心がけましょう。

 

今日お話したことを習慣にしていきましょう。

 

更に髪を維持するための最先端の治療としては、以前のコラムでもご紹介しましたが、PRPという再生医療法があります。

 

PRPは、シワやたるみだけではなく、薄毛にも効果があります。まず、抜け毛が止まります。細い毛は丈夫になります。

 

薄毛になると、頭の輪郭が光の角度によって透けて見えますので、毎日鏡を見て悩んでいるのなら、一歩前に進みましょう。詳しくはライフデザインカウンセリングでご相談ください。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子