· 

147-皮膚の音

 

朝、電車の中で懐かしい音楽を聞いていたら、いろんなことを思い出しました。音は昔のことを呼び戻します。

 

臭覚もまた脳神経なので、匂いも忘れていた記憶を蘇らせます。小さい頃のお祭の夜や、おばあちゃんちの土間の匂いだったり。意外なことを覚えているものです。

 

皮膚にも音があって、匂いもあります。皮膚の厚みや弾力、皮膚からのメッセージ、皮膚からの情報はたくさんあります。

 

サイコメトラーではありませんが、皮膚に触れると見えてくるものがあります。どんな洗い方をしているか、保湿が足りているか、皮膚を傷めていないか。皮膚の奥がみえる感じかするときもあります。

 

皮膚には内臓からのサインも出ています。皮膚を守ることは内臓を守ることにつながっています。

 

皮膚の守り方がわからなくなっていたら、時間をかけてお話します。ライフデザインカウンセリングをご活用ください。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子