· 

40-汗の季節の美肌対策 -皮膚の常在菌-


皮膚の表面には元々常在菌がたくさんいます。この常在菌は普段は悪さはせず、皮脂を作り皮膚表面のバリアを整えて守っています。この菌は味方ですから大事に育てていかなくてはなりません。

 

しかし、この常在菌が作ってくれたバリアは、いろんな原因で壊されます。一番多いのは洗い過ぎ洗浄力の強い石鹸を使い、ナイロンタオルで毎日しっかり洗っている方、赤信号ですよ。

 

皮膚は温める事と、こする事一番ダメージを受けます。ダメージ=老化です。誰だって少しでも老化を後らせたいですよね。ならば、今日からはゴシゴシ洗わずに、石鹸を泡立てて手で皮膚をなでるように洗ってみてください。

 

汗の季節、可能なかぎり汗は洗い流してほしいです。そのつど石鹸を使う必要はありませんサッと汗だけ水で流しましょう。洗いすぎてバリアが壊れると、チクチク汗がしみたり、痒くなったりなんとも不快です。

 

冷房の効いている部屋に入ると、汗をかいたことを忘れる位、皮膚はサラっとしてしまいますが、汗の成分は皮膚の上にしっかり残っています。この汗の成分で皮脂膜のバランスが乱れ皮膚が荒れる原因になります。

 

帰宅したら早めにシャワー朝起きたらサッとシャワー学校や会社に着いたら手を洗う時に腕も洗い、首周りは濡らしたタオルで汗をとること。石鹸は使わず、汗だけ水で流しましょう。汗を流したらその後はしっかり保湿します。皮脂を落としすぎず、充分な保湿を。これだけで夏の皮膚はかなり快適になるはずです。

 

洗い方もケアも頑張ったのに、汗でチクチク、痒くて痛くての方は、迷わず皮膚科で受診してください。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子