· 

161-説明をするって大事なこと

 

例えば患者さんからよくお聞きするのは、美容に関して言うと、皮膚のたるみを治したい、へこみを治したいと言った時に、わかりましたー、はい、注射します。って何か注入して膨らんで、はい終わり、極端かもしれませんが、そういうクリニックもあるみたいです。

 

腰が痛くてクリニックにかかったら、はい横になってと言われて、いきなりブロック注射をされて、痛みで気を失ってしまったとか。

 

説明もあまりせず、はい終わりっていう感じで、そのあと調子が悪くて行っても、ちゃんとできていますから大丈夫。と言われるので、今後自分がどう注意したらいいのか、どうつなげて次にいったらいいのかとか、そういうことをあまり教えてもらえないとかという悩みの人が来院されます。

 

それから、例えば、ビタミンCの注射とか、プラセンタの注射をしに行ったら、何の説明もなく、はいって、ただ注射をしてもらったとか、どのくらいの濃度でどういう風にするのか、月に何回来たらいいのかなど、そういうことも何も言われない。どういう効果があるのかもあまり言われず、行ったら注射して終わりました。不安になって来ましたと言う方は多いです。副作用の説明もある程度は必要と思います。

 

今、ビタミンCの注射はいろんな情報があります。ビタミンCの注射をすると美白の効果が高いとか、ニキビが治るとか、体調が良くなるとか、ニキビ跡が綺麗になるとか、抵抗力が上がるとか。

 

そいう情報を知って、よしと思ってビタミンCの注射をしたいんですって行ったら、何も説明なく、あ、はいわかりました。いいですよ。と注射だけしてもらった、いっぱい患者さんが並んでいたので、そのクリニックは人気なんだなとは思いますけど、不安が残りましたとか。

 

自分はちゃんと、どうしてどう効くのかとか、何回射てばいいのかとか、自分が気を付けるところは何か、調子を良くするのに、何に気を付けたらいいのか、そういう説明をしてもらえると思って行ったら、そこは注射や施術ありきで、注射はしてくれるけど、説明はなくて、事務的に注射して終わりで。

 

自分はそれではいやだなと思ったので、前に皮膚のことでかかったことがあったので、調べたらうちでも高濃度ビタミンC点滴をやっているから来ました。先生なら説明してくれると思ったのでと。

 

外国の方もそうだった。外国の方はそんな説明とか気にしないのではと思っていたら、説明してくれないから、変な気持ちになって行くのやめたんですっていう方もいます。

 

プラセンタとかビタミンCの注射をしているんだけれども、よそに綺麗になりたいと思って行ったんだけれども、その行ったところで、どうしようかなと迷っていたら、2000円安くするからと言われて、なんかちょっといやだなと思ってそれ以降は行かなかったとか。

 

説明をちゃんと聞きたいという人は多いです。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子