· 

214-マスクで起こる皮膚炎対策

 

電車内はほぼ100%マスクを着用されています。見渡す限り、ビシッとした出で立ちの方も、可愛いお嬢さんも、ちょっと不良っぽいおじさんも、ヤンキーも、モーレツサラリーマン風の方も。

 

マスクしないと電車に乗れないわけではないのに、ちゃんと思いやりの心配りを感じます。みんな偉いと自分を褒めようね。

 

さて、昨日は東京は外気温は28℃くらいだったようです。これから暑い日がどんどん増え、またあの過酷な夏がやってきます。マスクの着用は日に日に厳しくなります。対策を考えないとと切に思います。

 

おそらく、ニキビが出やすい方はニキビが増えますし、乾燥肌の方は口周りの汗にかぶれて湿疹になります。

 

今日からできるケアとしては、帰宅したらさっと水だけでマスクで覆われているあたりを流し、しっかり保湿しておきましょう。

 

ニキビが出やすい方は、ニキビの薬を怪しいところには塗り始めましょう。この時、できているところだけ、スポットで塗ります。

 

はっきり症状が出る前からのケアが大事です。電車やバス、建物の中だけでもマスク着用を続けられるよう、マスクの素材選びにも気を向けてみましょう。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子