· 

256-夏バテ

 

今年の夏は暑くて辛かったですね。このところ朝晩は急に涼しくなったせいか、身体の不調が出てきている方が増えています。

 

待ち望んでいた涼しさのはずが、だるくてぐったり、身体が重くて何をする気力も落ちてという方が思いの外、多い気がします。

 

特に温度差のあるところを行ったり来たりしていた方や、冷たいものばかり摂っていて、身体の中が冷えている方は、夏バテになりやすいように思います。

 

汗をかかない生活は快適ではありますが、汗をかく練習をしないと、汗をかくのが下手になります。

 

暑ければ急冷房、冷たい飲み物、冷え冷えの部屋で寝ている。また、汗をかかないように水分をできるだけ控えていたり、汗をかきたくないから運動をしないなどなど。度を越すと自律神経のバランスがくずれてしまいます。

 

食欲が落ちていたら、梅干し入りのおかゆや、梅干しが苦手なら酢の物など、消化の良さそうなものを更に良く噛んで戴きましょう。

 

アトピー性皮膚炎など、温まると痒くなる方には積極的にお薦めしませんが、眠る2~3時間前に熱めの入浴をすると深く眠れると言われています。

 

極たまに夏バテが続くと思っていたら、膠原病や甲状腺機能異常、貧血などの病気が隠れていることがあります。今までに感じたことがないような怠さが続いたら用心してください。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子