· 

265-アトピー性皮膚炎 それぞれの工夫

 

いつもどっかしら痒みがある方は、人口の10%くらいはいると言われています。

 

痛いときは1ヵ所のことが多いので、痛い部位を圧迫したり、さすったりして、少し紛らわせることができますが、痒みは1ヵ所痒いと周囲に波及して全部痒いという感覚になります。

 

よく、背中の真ん中ー左右の肩甲骨の間の丁度手の届きにくいあたりが痒くて、薬が塗れないという訴えを聞きます。

 

掻いてるんだから手は届いていると思うのですが、、、

薬はうまく塗れないのですと。

 

で、ご提案です。 

 

1、手のひらで塗ろうと思わないで、指の甲で塗りましょう。指の甲に薬をつけて背中の皮膚に密着させて塗る。

2、製菓用の手のひらサイズのゴムベラに薬をのせて塗る。

3、水巻き用のホースに薬を塗って寒風摩擦のように背中全体を転がす。

 

2番、3番は患者さんが教えてくれました。

背中にお薬が塗りにくい方、お試しあれ。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子


関連する記事へのリンク:

236-アトピー性皮膚炎の治療で思うこと