· 

330-コロナワクチン接種の心配事

 

最近よくある質問です。ほんとによくあります。

 

ワクチンを受けるにあたって、美容の治療をした後、ワクチンまで何日間、開けなくてはいないですかとか。

 

先週、脱毛をしたけれど、明日ワクチンを受けても大丈夫ですかとか。

 

美容の治療は、PRPもコラーゲンもボトックスも、何もワクチン接種には影響しないと考えます。

 

美容の注射では、プラセンタは、どのワクチンとも、同日接種は避けています。プラセンタにより、ワクチンの効果が少し落ちると言われているからです。1週間開ければ、問題はありません。

 

美容の注射でも、例えば高濃度のビタミンCの点滴や、にんにくビタミン注射などは、ワクチン接種日の前後でも、当日でも問題ありません。

 

逆に受けた後や翌日に、ワクチンを接種する方が、副反応も少ない傾向ですし、体調維持に役に立ちます。

 

その他、髪を染めた、パーマをかけた、怪我をした、も大丈夫です。

 

個人的には、酷い口唇ヘルペス、帯状疱疹は、2~3週間くらい経ってからをお薦めしています。

 

強いて言えば、腕の脱毛をした翌日なら、少し皮膚が敏感になっているので、注射前の消毒は、アルコールを含まないものを使うのがよいかもしれません。

 

なるべく、体調が良いときに接種できますように。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子