· 

336-秋も美肌でいるために

 

事あるごとに、保湿保湿とうるさく言ってきました。もう耳にタコができるよと言われそうですが、あえてまた言います。

 

本当に保湿頑張ってください。

 

特に目の周りは、鼻根があったり、まぶたの緩いカーブがあったりで、意外と凸凹しているので、ちゃんと保湿剤が塗れていないことが多いです。

 

なので、全体に塗った後に、指1本で目の下、上まぶたにしっかり、ゆっくりゆっくり丁寧に重ねて塗ってください。

 

眼は、風が吹いただけでも、閉じたり開いたりで忙しいのです。労りましょう。

 

乾燥は、目に見えない傷です。その傷を広げないように、大事に大事に保湿をしてください。見えない傷は、そのうちに大きくなって、化粧水がしみたり、かゆくなります。

 

これから、どんどん湿度が下がって、皮膚も更に乾燥していきます。本格的な乾燥の季節が来る前に、塗り方を見直して、目の周り、そして口周りも、これでもかという位、塗ってください。

 

まずは保湿が大事です。何度も言います。潤っていなければ、美しい、健康な皮膚は成り立ちません。肝に銘じて塗る、ぬる!

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子