· 

380-これもアレルギー

 

スギ花粉の季節になると、花粉の影響で皮膚が荒れたり、髪が抜けたりする方が時々いらっしゃいます。

 

皮膚の症状だけを診ていると、ニキビですし、円形脱毛なので、それに対しての治療をすることが多いと思うのですが、花粉に対してのアレルギー反応で起きているものなので、アレルギーの治療をしないと、なかなか根治しません。

 

毎年繰り返していると、だんだん本人が自覚をして、来院時に、「毎年花粉の時期になると、こんな症状が起こります。」と自己申告される方もいらっしゃいますが、なかなか気づかず、疾患自体の治療をされている方が多い現状です。

 

遅延型食物アレルギーでは、お腹が痛い、お腹がはる、便通が悪い。という症状が出る方がいらっしゃいます。

 

また、体調不良、疲れ、不眠、イライラなどが出る場合も、その症状に対しての治療も必要ではありますが、ここでもまた、アレルギー剤の併用が奏功します。

 

症状に対しての治療を、2週間試してもダメな時は、アレルギーの薬を追加して治療します。

 

頭を柔らかくしていかないとです。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子