· 

404-睡眠不足も不調の原因

 

電力ひっ迫に伴う、節電の呼びかけに協力するために、昨夜は早く休みました。

 

なので今日は8時間睡眠を達成して、疲れていません。余力があります。遅くまで起きていないで、早寝早起きが本当はいいのでしょうね。

 

患者さんの中には、出勤時間が早くて、毎日5時くらいに起きている方もいます。

 

出勤時間が決まっていると、何時に寝ても、同じ時間に起きなくてはいけないわけで、忙しくて寝るのが遅くなると、どうしても慢性的な睡眠不足になってしまいます。

 

慢性的な睡眠不足の状況に、本人は慣れているので、自分が疲れているということを、あまり自覚せずに、毎日過ごしていることになります。

 

寝不足が続くと、集中力も落ちます。その状態が当たり前になっているのでしょうけれど、身体に良い影響があるわけはありません。仕事の能率も、落ちているに違いありません。

 

季節の変わり目には、少し立ち止まって、自分の取り巻く環境や、自分の習慣について見直すことが、必要なのではと思います。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子