· 

456-虫刺され

 

今週日曜日に、気づいたら、今年初めて蚊に刺されていました。

 

痒くて無意識に掻いていました。痒みを我慢するのは難しいですね。

 

虫刺されで1番多いのは、蚊によるものです。蚊の毒や唾液の成分で、アレルギー反応起こすことで痒くなります。

 

刺された直後から、かゆみを起こす即時型の反応と、しばらく経ってから、痒みが出るタイプがあります。

 

虫刺されは、ファーストエイドがとにかく大事です。

 

かゆくなり始めた時に、きちんと治療すれば、こじらせる事はなく、跡も残らずきれいに治りますが、気の赴くままに掻いていると、二次的にじくじくと化膿したり、色素沈着を残すことになります。

 

手元に何も薬がなかったら、まずは保冷剤などで冷やすことをお勧めします。

 

もし虫刺され用の薬や、ステロイドをお持ちでしたら、塗ってから冷やすのが良いと思います。

 

今のうちに薬を準備しておくことが、賢明かもしれません。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子


関連する記事へのリンク:

86-虫刺されの応急処置(2019)