· 

460-暑さ対策 室温が高くなると起こること

 

気温がびっくりするくらい高くなっていることで、留守中の部屋の温度もかなり高くなっています。

 

おそらく閉め切った部屋は、30℃を優に超えています。

 

なので、部屋に置いてあるものの温度も、同じように高くなっています。

 

ワセリンを基材とする軟膏や、化粧品、クリームなどの温度が上がることで、油が浮いたり、変性したり、テクスチャーが変わったりが起きています。UVクリームや消毒剤も同じです。

 

軟膏やクリームを持ち歩くときは、防水シートなどに入れ、高温で溶けて流れ出たときに備えましょう。

 

また、カプセルタイプの内服薬サプリメントは、カプセルが溶けてくっついてしまったり、中身が液状のものは、膨張して破れたりすることもあります。必ず冷蔵庫に保管しましょう。

 

調味料なども変化したり、酸化するのが速くなったり、想定外のことが起きていますので、冷蔵庫保存が望ましいと考えます。

 

この暑さ、しばらく続きそうですから、抜かりなく。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子


関連する記事へのリンク:

458-緊急汗対策 その2

457-緊急汗対策