· 

476-中高年のアートメーク 眉ひとつで人生が変わるとき

 

眉毛がいつ必要かと言うと、わたし的には、顔を洗った後かなぁと思います。

 

眉毛を作るお化粧道具はいろいろありますから、ある程度の眉毛があれば、そこから派生させて、アイシャドーや髪の色に合わせて、眉毛の色の工夫もできます。

 

今はマスクをしているので、マスクの形に合わせての眉毛の形は、バリエーションに富むと思うのですが、実際、すごく必要だなと思うのは、顔を洗ってお化粧を落としたあとだと思います。

 

素顔が生えるように、ある程度、自然な感じで眉毛が存在するというのは、とても大事な気がします。

 

年齢がいくと、全く眉が無かったり、眉の色自体が薄くて、存在がわからなかったり。

 

温泉に行ったときや、休みの日にお化粧してない時、眉毛がないと言うのも、ちょっと辛いなぁと言う気がします。なのでアートメークである程度、自然な形で眉毛を作ったら気分もよいです。

 

中高年の方からの施術後の感想は、何もないところに眉を書くのは大変だったけれど、今はいつもあるので、とても楽だし、人の目をしっかり見て話せるので、思い切ってしてみてよかった。

 

もう年だからどうでもいいやと思わずに、ある程度、自己満足がいくくらいは、眉毛はあったほうが絶対よいという意見が多いです。

 

クリニックのスタッフも受けた人が数人います。眉で悩んでいる方はアートメークをご検討ください。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子