· 

509-乾燥をあなどるなかれ

 

ついにクリニックの診察室の湿度が、50%を切りました。乾燥の季節が始まりますね。

 

乾燥が原因で、痒みやピリピリ感が出て、来院されたときには、皮膚が赤くなったり硬くなっている方が増えてきました。

 

本人は、乾燥を自覚していないことが多いのですが、おそらく夏から、インナードライを放置してきたのだと思います。

 

今年はかなり暑い夏でしたから、ダメージも大きかったと思います。そのうち治るかなと油断していて、大変なことになってしまう方が毎年いらっしゃいます。

 

煩わしさを抱えているなら、早めに皮膚科を受診しましょう。それぞれの症状にあわせて、内服や外用などで対処いたします。

 

熱波のダメージも、乾燥のダメージも、老化に直結します。今は何でもない方も、念には念を。しっかり保湿してください。

 

美容施術を考えている方は、今施術をしてよい皮膚の状態なのかを、美容相談(美容皮膚科)で確認しましょう。弱っている皮膚には、逆効果のこともあります。

 

乾燥をあなどるなかれ。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子