· 

527-どんぐり

 

ワンピースをクリーニング屋さんに出そうかと、ポケットを探っていたら、ちびっ子にもらったどんぐりが入っていました。

 

大事そうに、持っていてねと言われたので、ポケットに入れたままでした。

 

どんぐりは食べられるのかなあと調べてみましたら、ネズミ類や、リス類や、カケス類には、秋冬の重要な食料のようです。歯が強いのですね。

 

縄文時代には、人も食用としていたようです。

 

現在では、パンやクッキーの材料になったり、どんぐりコーヒーと言うのは、私も聞いたことがありました。

 

歌や小説にも出てきます。宮沢賢治の「どんぐりと山猫」という小説もありましたね。

 

どんぐりの季語は晩秋。冬が近づいてきました。皆さま、寒さと乾燥にはくれぐれも気をつけてくださいね。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子


関連する記事へのリンク:

337-秋の鬱々

346-乾燥到来

446-雨にも負けず