· 

694-皮膚科医の常識は、普通の人の非常識らしい

 

患者さんに、「保湿はしていますか?」と聞きますと、「もちろんです。」と言われます。

 

でもよく聞きますと、「朝晩2回だけ塗っている。」人によっては、「1日1回しか塗っていない。」というお返事に遭遇することもあります。

 

先日、美容治療をした後に、シミが反応して赤みが強くなっている部分と、乾燥が強くて赤くなっている部分があった患者さんに、「保湿は一日何回されますかと?」と問いましたら、

「夜1回です。」と言われ、ビックリしました。

 

私たちが当たり前と思っていることは、当たり前ではないのかな。

 

初回の美容施術の前に、洗い方や塗り方をお伝えしていますが、何故かその後もしっかり洗いすぎていたり、あまり保湿をしていなかったりということが続いている方がいます。そういう方は意外と多いのでビックリします。他人の習慣はなかなか変えられません。

 

私たちはこの乾燥緊急事態においては、何回も保湿することが当然のことと思っているのですが、1日2回塗っているのが当たり前、ダブル洗顔するのは当たり前、しみても化粧水を塗るのが当たり前となっていると、治療の前にまずは美肌習慣が問題になってきます。

 

なので、細かくその方の生活習慣を確認して治療を考えていきます。

 

また、中には、今までの人生で、一度も身体に保湿剤を塗ったことがないという方も時々いらっしゃいます。男の方はいざ知らず、女性で何も塗っていないっていうのは凄い。ずっと皮膚が丈夫だったのでしょう。

 

お母さんが塗っていないと、お子さんも塗る習慣を持たないのは当たり前かもしれません。子供もカサカサになります。

 

たまたまその子にアトピー性皮膚炎があるとしたら、保湿をしているかいないかで、将来的な状況がとても変わってきます。

 

なので、その方がどういう生活をしているのか、どういう皮膚のケアをしているのかをよく聞いて判断しています。

 

ただ普通の診察の時間では聞き切れないことが多いので、ひどい状況の方には、ライフデザインカウンセリングをお勧めしています。

 

あなたの日常の皮膚の手入れの仕方を教えてください。それに関して、なりたい状態を踏まえてたくさんアドバイスをします。

 

私のクリニック目白

院長 平田 雅子


関連する記事へのリンク:

512-老化を遅らせる方法 4つ