院長コラム

院長コラム · 2022/06/24
この状態で普通のクリニックに行ったら、おそらく強い塗り薬や、強い飲み薬が出るだろうなと思う状況によく遭遇します。 話をよく聞けば、原因になっている生活習慣が見えてくることがあるので、その場合は、環境を整えて、食事や生活を変えれば、かなり改善することが多いのです。...

院長コラム · 2022/06/23
情報を正確に伝えるための5W1H (Who、When、Where、What、Why、How)は、医療の場面でも使われます。 誰が、いつから、どこが、何が、なぜ、どのようにと、詳しく問診をとることが診断する上でとても大切です。...

院長コラム · 2022/06/22
例えば、身体に良くないと言われているジャンクフードを毎日とり続けても、さほど影響を受けない方がいらっしゃいます。 日本食は、海外の食事に比べたら、ものすごく健康的です。...

院長コラム · 2022/06/20
熱中症が心配な季節がやってきます。 炎天下での発症が多いと思われていますが、この時期の高湿の室内での報告もかなりあります。 場合によっては、重症化することもありますので、まだ暑さが本物ではなく、体が慣れていない今の時期から注意しましょう。 備えあれば憂いなし。いろいろ気をつけていきましょう。...

院長コラム · 2022/06/17
皮膚の張りや弾力を出すのに、やはり優れているのは、自分の血液を使うPRP療法です。 元々ちりめんじわを改善する力は強いのですが、上まぶたのたるみや、浅い法令線などが、かなり改善します。 もちろんその方の血液の状態にもよりますが、顔の輪郭の曖昧さなどは、かなりシャープになります。...

院長コラム · 2022/06/15
東京都医師会雑誌に、泌尿器科の先生から、かかりつけ医に向けて、尿失禁へのアプローチが書かれていました。 尿失禁は、40歳以上の女性の、40%以上に見られると報告されています。 患者さんは20代の若者から、高齢者に至るまで、幅広い年齢層になるそうです。...

院長コラム · 2022/06/14
以前は、カフェインに強かった気がします。静岡県人なので、緑茶は結構飲みますし、真夜中に濃いコーヒーを飲んでも、眠れない事はなかったのでした。 ですが、今年に入ってから、夕方から夜にかけてコーヒーを飲むと、なんか眠いのにお布団に入ってから眠れない。いつもどうやって寝てたんだったかなぁと思う位眠れない。...

院長コラム · 2022/06/13
電車に乗っていると、ほとんどの方が下を向いて、スマホに熱中しています。 スマホ顔といわれるように、顎をぐっと引いて、口角に力が入ると、顔の皮膚は下に引っ張られるので、若い方でも、法令線ができそうな、軽いシワを見せている方が結構いらっしゃいます。...

院長コラム · 2022/06/11
じめじめする季節がやってきました。湿度が高いと、それだけで痒くなる方がいらっしゃいます。 湿度が高くなると、ばい菌やカビは、皆元気になります。時間があるときに、エアコンの奥や、洗濯槽の中をお掃除してみましょう。カビに汚染されていることはよくあります。 アレルギーがなかなか治らない方の中に、カビの影響を強く受けている方がいます。...

院長コラム · 2022/06/10
例えば採血結果で、基準値を大きく逸脱するような数値が出たとき、どう考えればよいか。 メタボリック症候群では、それなりの治療が必要ですが、必ず基準値に収めるというのではなく、食事療法や運動療法を並行しながら、その方の体調に合う数値を、保っていくのが良いと考えています。...

さらに表示する