院長コラム

院長コラム · 2021/04/10
女性の綺麗になりたい欲望には、際限がありません。女ですもの、当然です。 患者さんの中には、友人が美容施術をしたから、流行りだからと、いろいろ施術している方もいます。 雑誌やネットの情報で、施術後の写真を見て、自分も同じように成りたいと思うのでしょう。 あと他にどこを治したらいいか、相談に来ましたという方も、ときどきいらっしゃいます。...

院長コラム · 2021/04/05
「日本中の女性を元気にしたい」と言うミッションを掲げていた時に、そんなこと無理だよって言われました。 身近な人を元気にするのだって大変なのに、日本中の女性を元気にするなんて、無理に決まってる。掲げていること大きすぎるんだよね。と。...

院長コラム · 2021/03/29
昨今、ちまたでは数多くの美容治療が存在します。 自分が満足できる綺麗のために、何を選んでも、どんな手段を使っても全然構わないと思っています。...

院長コラム · 2021/03/26
患者さんの皮膚の悩みでおおいのは、シミの次は“たるみ”です。 顔のたるみは、筋肉の衰えや年齢に抗えないところではありますが、出来る限り少しでも、シワが目立たない、たるみの目立たない顔で過ごしていただきたいと思い、いろいろ日々考えます。...

院長コラム · 2021/03/12
本日、アートメークをされたのは、70代の女性でした。今まで、自分の眉と真剣に向き合ったことがなかったとおっしゃっていました。 髪の毛も染めたことがなく、眉毛はほとんどないので、毎日出かけるときに眉毛を描くのが大変との事でした。...

院長コラム · 2021/03/11
マスク皮膚炎について、何度かお話をしてまいりましたが、最近もっと気になっていることがあります。 マスクによる肩こりや、頭の凝りが多く見られるようになってきました。 マスクで耳が前方に引っ張られていることや、マスクをしながらしゃべらなくてはならない仕事の方ですと、特に耳周りに力が入ります。...

院長コラム · 2021/03/10
多くのアートメークの施術をしている施設で、2回しないと色がつきませんと当たり前のように言っている理由はちゃんとあります。 アートメークとは、1回では色が入らないものと説明していることが多いのですが、原理はシミができるときと同じです。...

院長コラム · 2021/03/03
なぜ、私が両側の関節周囲にPRPを射つかというと、それは左右のバランスを取るためです。 元々人間の体は、左右の臓器がかばいあって、バランスをとっています。 交感神経と副交感神経の相互作用から考えても、左右のバランスを保つ必要があります。...

院長コラム · 2021/02/25
なぜ整形外科医でもない、女性外来の医師である私が、関節周囲にPRPを射つのか。 女性外来をしていると、痛みがどこかにあることで、体調を崩している方が、なんと多いことか。 痛みが日常生活を妨げていることが多く、湿布や鎮痛剤で抑えながら日々耐えている方が、思いの外いらっしゃいます。...

院長コラム · 2021/02/19
筋肉は使わないと衰えます。どんなに優れたスポーツ選手でも、たった1日トレーニングを休んだだけで、あっという間に筋肉が落ちると言われています。 ましてや、普段からあまり運動しない方となると、あっという間に筋肉は痩せてしまいます。...

さらに表示する