遅延型食物アレルギー検査

アレルギーを疑って、アレルギー検査をしても何も特定できない。そんな時は、遅延型食物アレルギー検査をお薦めします。

食物の遅延型アレルギー検査結果

 

 

アレルギーには、原因物質に暴露してから即座におこるものと、遅延型アレルギーといって、数時間して症状が出てくるものがあります。

 

消化器症状や皮膚症状だけでなく、頭痛やいらいら、不眠、むくみや疲労感などが、食べたものが原因で遅れてでてくるなんて、なかなか気づかないですよね。

 

簡単な採血によって最大219種類の食品に対する遅延型アレルギーを一度に調べることができます。検査結果をもとに食事指導もいたします。

セミパネル 120種類 32,400円(税込)
フルパネル 219種類 43,200円(税込)

遅延型食物アレルギー検査Q&A

ニキビ、膨満感、胃もたれ、腹痛、頭痛、むくみ、口内炎、不眠、動悸、脱力、こういった症状があるけれども、いろんな検査をして全く問題がない。アレルギーを疑って、アレルギー検査をしても何も特定できない。そんな時は、遅延型食物アレルギー検査をお薦めします。

即時型アレルギー検査とは?

保険でできるIgE(即時型)アレルギー検査は、ダニ、ハウスダスト、花粉、動物などの吸入性アレルゲンと、食物のアナフィラキシーを起こす可能性がある代表的な食餌性アレルゲンの検査ができます。ですが、全く反応が出ない人がいます。即時型は、今食べたら、今ここにあったら、アレルギー反応が起こる可能性をみる検査です。

 

昔はIgE検査をして反応していないと、アレルギーではありませんという判定をしていました。反応していないとどういうことになるかというと、あなたはアレルギーじゃないですよ、神経質なんじゃないですかって言われていた時代がありました。他の医療機関でそう言われて、本当に合わない食べ物があるんですと、泣きながら来ていた親子がいたりしました。