PRP(再生医療)

PRPによるしみたるみ治療
1. 採血した血液を遠心分離 2. PRPを採取 3. 表面麻酔後お肌にPRPを注入 4. 保湿

PRP療法(Platelet-rich plasma therapy)

自己多血小板血漿(PRP)を用いたしみ、たるみ、薄毛治療

自己の血小板の中から、成長因子を取り出し、皮膚のたるみ、しわなどを修復します。

目立たずこっそりきれいに。薄毛治療としても有効です。

最新再生医療 PRP療法

PRP療法とは、高濃度の血小板を含んだ“自己多血小板血漿(PRP)” を注入することで、ダメージを受けた肌を若く改善させる若返り治療です。

 

血液の中の血小板には、「成長因子」と呼ばれる、細胞を元気にして若返らせる成分が含まれており、その成分を機能が低下した部位に直接注入することで、お肌を活性化させることができます。 

 

しわ、たるみ、 しみの治療、毛穴の縮小、にきび、にきび跡、にきび跡の赤みの改善、皮膚の若返り、薄毛にも効果的です。

PRP療法の主な効果・特徴

  • 血小板の持つ成長因子により細胞が活性化され、肌全体の若返り効果があります。
  • 血液の採取から施術まで、当日の内に治療を行う事が出来ます。
  • 肌の活性化により、にきび・にきび跡の治療にも効果的です。

実際にこのようなお悩みの方がPRP療法を受けられています

  • 縮緬様シワを無立たなくしたい
  • 小じわ、法令線、たるみが気になる
  • たるみや張りが気になっているが、シリコン、金の糸が入っているため、光治療の部位が限られてしまう
  • 顔全体のたるみ、口周りの小じわが気になる
  • 法令線の左右差が気になる
  • 頬部の色素沈着が気になる
  • 薄毛、抜け毛
  • 表情筋でできるシワが深く、乾燥も強い
  • 眉間のシワ
  • 頰のたるみ、口周りの小じわ
  • 光治療でかなり張りは出ているが、更なる美肌を目指して
  • 痩せたこともあり、シワが目立ってきた
料金(税込み価格)
PRP 216,000円
部分的PRP 118,800円

主なリスク、副作用等について

  • 注入後に腫れや内出血が起こることがあります。
  • 患者様ご自身の血液を利用するため安全性が高く、副作用の心配が殆どありません。

 施術の施術が受けられない方        

  • 癌の診断を受けている、またはガンの可能性がある
  • 感染症のある方(B型肝炎、C型肝炎など)

採取した血液を遠心分離することで、病気が見つかる場合があります。その際は、PRPを採取できない、またはお顔に注入することができません。 PRPを全く注入できなかった場合においては、採血・診察料として1万800円をいただきます。このケースでは、内科的な疾患が潜んでいる可能性が高いため、微細ガン検診をお薦めします。このようなフォローもライフデザインする外来の特徴の1つです。

施術部位

  • 目の下
  • ほうれい線
  • マリオネットライン
  • おでこ
  • 眉間
  • ゴルゴ線
  • 鼻下
  • 頭皮(薄毛治療)

施術の内容・特徴

PRP療法とは、血液を採取して試験管にとり、遠心分離機で、もの凄い回転数で回すと、試験管のちょうど真ん中あたりに血小板の層(成長因子)ができます。その部分を抽出して改善したい部分に注射器で注入していきます。

院長PRP施術中の様子
そして、何よりも、心をこめて丁寧に、女性同士だからわかる悩みも聴きながら施術します。

少し技術的な話をすると、私の場合は、ご本人の気になっている部位はもちろんですが、顔の左右差や頰の下がり具合を確認します。

 

また将来どんなシワができてくるか、しみ予備軍の位置がわかるので、その辺りを中心に、また平面的な顔は立体的にデザインして射っていきます。

 

内出血や発赤をおこさないよう、真皮と表皮の間あたりを狙って細かく射ちます。


*PRP療法は、院長が診察、注入いたします。

*初めての方は、まずはライフデザインカウンセリング(16,200円、30分)をインターネットもしくはお電話でご予約ください。

*2回目以降の方は、お電話、もしくは受付窓口にてご予約ください。50-60分ほどお時間みてください。

 

再生医療等提供計画番号:PC3160343

自己多血小板血漿(PRP)を用いたしわ、たるみの治療